意外と知らない薬の形状と特徴の意味を知ろう

人間、生きていれば調子の悪い時が必ずあります。そんな時、医薬品の存在は頼もしい存在です。ところで、皆さんは医薬品に様々な形があることに気づいていますか?実は薬の形状にはそれぞれ意味があるのです。まず、私達に一番身近な錠剤。固形の丸みを帯びた形をしており、胃で溶けるタイプと腸で溶けるタイプがあります。最近では水なしで飲めるチュアブル錠も増えており、私達がイメージする薬はこの錠剤が一般的です。次に身近なのがカプセル錠。顆粒や液体をカプセルの中に入れてあり、飲みやすさと即効性を求めた薬の形状です。そして、胃腸薬に多い散剤。時に生薬を用いた薬で用いられることが多いです。むせたり飲みにくい場合はオブラートや薬用ゼリーを用いるといいでしょう。医薬品は薬の成分が最も効果的に発揮される形状になっています。形状を変えることなく、指示に従って飲むのが大事なのです。決して素人考えで薬の形状を変えてはいけません。アイフル 親バレ