泡盛にハマり、自分の中で沖縄への先入観が消えた件。

私は最近、泡盛をメインの家飲み用のお酒として飲むようになりました。太らないお酒としてウイスキー、焼酎、泡盛をダイエット本でも取り上げていて泡盛に挑戦したい気持ちはありました。しかし障害となったのは沖縄への先入観でした。まず、沖縄料理のお店に仲間と行くと、何が原因なのか分かりませんが次の日、くだします。料理の中の食材?お酒?の何が合わないか原因不明ですが、仲間内との飲み会で敬遠する存在になってしまいました。次に、私は東京在住ですが今まで見てきた沖縄出身の人たちがあまりに酷すぎたのです。沖縄県の方と言うと、男は働かない。時間にルーズとテレビにも取り上げられたネガティブイメージがありますが、今まで会った人たちは、それに輪をかける存在でした。食堂で並んでいても平気で順番ぬかし、人を置き去りにしてどこかへ行ってしまうなど振り回される私としては笑えないものばかりでした。今思うと、あの人特有の性格だったに違いないと納得がいくのですが、当時喰らったことから完全な沖縄アレルギーになってしまいました。あれから5年くらい経ち、泡盛を飲んでみたら「旨い!」。安いし、アルコール度高いから量が少なくて済む。そして泡盛を飲み始めてから、よく眠れるし、飲み過ぎないからか体調が良くなってきました。今まで先入観でアレルギーを感じていましたが、全ての人がそうなんじゃない。一部の酷い例だったんだと一笑にふします。先入観で何もかも遠ざけてしまうと、人生の楽しみが減っていくので何事に関しても先入観は邪魔な存在と思わなければいけないなと感じました。お金借りる 即日 おすすめ