マーベルスタジオの自家製写真を制覇したい

MARVELといえば、沢山のキャラクターがいる事で知られていますが、その中でもマーベルスタジオが自家製始める映像を制覇したいとしてます。
代表的なキャラクターといえば、アイアンマン、主将アメリカ、マイティーソー、ハルクといった所でしょうか。
アイアンマンがスタートしたのが2008クラスですが、現在までに13作品がリリースされてます。
こういう種類本当はフェーズ分けされていて、2012クラスのアベンジャーズまでがシーン1。
2013クラスのアイアンマン3〜2015クラスのアントマンまでがシーン2になってます。
因みにあなたはシーン1は総合映画で集めていて、次はシーン2を集めてます。
こういうマーベルスタジオシリーズの可笑しい所は、それぞれが映像作品でありながら、これまでの種類が総合少しずつ繋がっている所にあります。
ちょっとした参加奴が、「おっ!」って陥る事も。
たとえば、2008クラスアイアンマンに生じるハンセンは、トニーに会ったまま「以前に会った事がいる。」と伝えていますが
2013クラスのアイアンマン3で確かにほんの1パイほどですが、トニーと挨拶を交わす景色があります。
これはアイアンマンだけの話ですが、全てのシナリオに関してそういった開拓があるのです。
それぞれ順を追って出向くごとに心待ちが増す論拠もこんなところにおけるのかもしれません。
私のオススメは必ずシーン1総合だ。
締めにあたるアベンジャーズは心から絶頂。
キャラクターがいよいよ対面する部分なんて、ワクワクします。
目下、キャプテンアメリカシビルウォーまではなしが進みましたが、今後も10作品程度は日程が組まれている構想。
スパイダーマンシリーズもマーベルスタジオからの公開が決まったみたいだし、未来が一際面白くなりそうです。酵素ドリンク