マスメディアのニュースの自由はどこまで許容受けるのか

関心歌舞伎役者の妻が乳癌を患ってあることを公表してから、知らせの自粛について再三お願いしているのを見ます。それについてやはり賛否両論があるようですし、マスコミの言い分もあるようです。
でも命に関わる重病と、アバンチュールだの婚姻だのというスキャンダルは何一つ別問題だと思います。ただでさえ疾病の辛さや疼痛と闘ってある個人に追い打ちを見張るような直撃形態はいよいよ一般人人情としては、可哀相としか思えません。
攻撃はどういう疾病にも大敵と言われていますし、今は検査だけに熱中させてほしいと思ってしまう。
知らせのフリーという声明にはどこまでのフリーを表しているのか、規律の曖昧さが出ているなと思います。妻とは同年代ということもあり、おんなじ幼い小児を持つ女性としても、他人事とは思えないですし、心を思うと辛いです。
疾病は誰のせいでもないですし、スキャンダルとは別物です。過度な直撃で余計なソフトことを願います。そして速く良くなることを祈っていらっしゃる。キレイモ 回数