おいしいクッキングを考える究極の手法、も使ってはいけません

調理を作っていて、いま、あることに気が付きました。
それはプンプン怒りながら作ったときの調理はおいしいということです。
中位、あべこべですよね。
怒りながら作った調理はまずいはそれほど聞きますが、私の実態、上手くなるんです。
何だか?導因を考えてみました。

怒っている際ってわずかパフォーマンスが荒っぽくなりますよね。
なので野菜炒めなんかを作ると、油や塩分などの薬味を荒っぽい勢いでバーッといった入れます。
そうして癇にまかせてフライパンをバッチリ振ります。
丁寧な瓦斯火の取りまとめもせず、癇の強火でジャッといったまるごと作ります。
その結果、味わいが濃くて野菜シャキシャキ、いつもよりおいしい野菜炒めになっているんです。

通常(怒ってない際)は健康のことを考えて塩少なめにしたり、油を少なめにしたりしているので、結構薄味わいで物足りない感じの調理になりがちなんですが、怒っているときはパフォーマンスが荒くなってそういった心配りがなくなっているね。
味わいは美味くなりますが、但し健康には必須よくないので、癇ながらの調理には気をつけようと思います。http://www.infocarte.org/datsumolabo-speedcourse.html

地球の熱源などについて修練をしていました

地球などについて育成をしました。地球の主な熱源は、地殻やマントルを構成する岩石に留まるウラン、トリウムなどの照射性同位体のナチュラル損傷にともなうエモーションと、地球深部のエナジーな根幹であると考えられています。地殻エモーション流量の確認は、地殻エモーション流量=地中増加温%×エモーション伝導%だ。海域では海底の堆積層センターの地中増加温%を測定し、また堆積層を採集してそのエモーション伝導%を測ります。W(ワット)は、入り用%のロットだ。1秒間頃1J(ジュール)の入り用%を1Wといいます。同位カラダは、原子ナンバーが同じで質量頻度がことなる元素だ。放射線を出しながら他の安定な元素に変化するものを照射性同位カラダといいます。かんらん岩は、かんらん石や輝石を多数含む岩石だ。地球内部の容貌を直接確かめることはできませんが、17世紀にニュートンの時分からさまざまな予測がなされてきました。20世紀に地震主流を利用しての勉学がすすむにつれ、地球内部の容貌も徐々に明らかになってきました。だいぶ勉強になりました。http://www.copa2014.me/